セサミンで若さを保とう!

画像の説明

「若さ」を維持するために、セサミンが効果的であることを御存知でしょうか?
今回は、セサミンが持っている「若さを保つ効果」について、皆さんにご紹介させて頂きます。

■人は年齢に応じて老化する

人間は、年齢に応じてどうしても歳をとります。
これは、決して抗えない自然の摂理です。
年齢を重ねると、皮膚のハリが無くなり、シワが増えます。
内臓の機能も衰え、若いころのように沢山食べることも出来なくなってきます。

そのメカニズムはどうなっているのでしょうか?
セサミンの効果について知識を得る前に、そもそもの「老化」について、少し説明をしておきたいと思います。

私たち人間が生活するなかで、自然に行われている「呼吸」。
この呼吸によって体内へ取り入れられた酸素は、人間の体の微妙な動きや変化に反応し、その電子構造が変化します。
「電子構造が変化する」と言われると、少々難しく感じますが、簡単に説明すると、体内に取り入れられた酸素はとても不安定な状態になります。
ここでいう不安定とは、ちょっとした刺激で、全く別のものに変化してしまうという意味です。
不安定な体内の酸素は、その時の体調やストレスなど、体の状態の変化によって様々に変化しながら体内を巡っています。
その変化の過程で、「活性酸素」と呼ばれる毒素に変異する場合があるのです。

この「活性酸素」こそが、人間の体の老化を促進させてしまう成分と考えられています。
ここまでの説明でお気付きになられたと思うのですが、不安定な体内酸素は、必ずしも活性酸素に変化するわけではありません。
活性酸素以外の状態で、不安定ながらも酸素として体内で活用される場合がほとんどです。
しかし、体内での活性酸素への変化はどうしても発生してしまいます。
老化とは、そういう事だと理解するしかありません。

■抗酸化作用で活性酸素を除去!

ゴマに含まれる成分のセサミン。
そのゴマから抽出されるゴマ油は、他の食用油に比べて腐りにくく、傷口に塗って回復を早める効果があります。
これは、セサミンの抗酸化作用によるものです。

セサミンは、口から入って体内で吸収されたのち、肝臓に到達するタイミングで強い抗酸化物質に変化します。
実は、活性酸素のおよそ80%は肝臓で生まれます。
つまり、セサミンは活性酸素濃度が一番高い肝臓で、抗酸化作用の威力を発揮してくれるのです。
その結果、老化の促進を抑制することが出来るわけですね。

■いつまでも若々しく!

人間の老化を促進させてしまう活性酸素。
その活性酸素の大半が出来る肝臓で、セサミンは抗酸化物質として働いてくれます。
セサミンを定期的に摂取する事で、常に抗酸化物質を撃退する体にすることができ、いつまでも若々しくいられる体を維持する事ができるのです。